まず最初に、「口臭」を含めた「体臭」というのは、自分では自覚することが難しいものです。

この<自分で気づくことができない>いう問題は、広く知られているものになりますが
その理由としては、やはり「慣れている」ことが挙げられます。

特に口臭に関しては、「鼻に近い位置なのに・・・?」と思う方も多いはずですが
それほどまでに、「慣れ」というのは恐ろしいものと言えます。

そして、自覚が難しい「悪い特徴」というのは、いずれ人に「指摘」されることになります。

「口、臭いですよ」と言われる時点で、残念ながら<相当臭い>です。

また、前々から臭かったと考えられます。

我慢に我慢のすえ

「もしかしたら、傷ついてしまうのではないか?」

という思いやりを持って、またその思いを超えて臭いということなのです。

指摘された時点で、「恥ずかしい」という感情が芽生えるかもしれませんが

「言っている人も、つらいんだ・・・」という考えが必要です。

絶対に改善するべき問題

この世に「絶対」ということはないかもしれませんが、
こと「臭い息」というのは、絶対に治すべきです。

これは絶対です。

口臭(体臭)が臭いことによる、最大のデメリットは「嫌われる」ということです。

なぜ嫌われるかと言えば、それは「不快」だからです。

臭い人に近づきたい人間はいません。

電車やバスで「臭い人」の隣になってしまい、
「早く離れたい」と思った経験は誰にでも一度はあると思います。

その「対象」が、もし「自分」だったら・・・恐ろしいことだと思います。

世のため人のため、ということに加えて
口臭に問題があるということは、実は重大な問題が発生している可能性もあります。

結局は、自分のためなのです。

このサイトでは、そんな口臭に悩んでいる人が
<徹底的>に改善するための方法を発信しています。

人に指摘される前に、「もしかしたら・・・」と思っている段階であれば幸いです。

また、非常に役立つアイテムも紹介するので
パートナーや親しい人の吐息が気になる、という方も
<さりげなく進める>参考にしてみて欲しいと思います。

「異常」な口臭が発生してしまう原因

改善を始める前に、まずは異常な口臭となっている原因を知ることが大切です。

口臭には、その発生要因がいくつか挙げられ
その中のどの要因に、自分が該当するかを当てはめることで
適格な・効率的な口臭改善策がとれるはずです。

そして、口臭の原因は基本的に

  • 口腔内環境
  • 内臓環境

いずれのうちのどちらか、もしくは両方であり、
またその中でも、微妙に異なる要因が存在します。

「口の中」が臭いことによる口臭

最も単純なケースとしては、「歯を磨いていない」ことによる
口腔内(口の中)が、不潔になってしまっていることで悪臭が発生している状況です。

しかしながら「歯を磨く」という、基礎的な清潔習慣がない方はおそらく少ないと思われ
実際には、「歯ブラシ」でできるケアを超える問題が発生しています。

最も典型的な例としては、「歯槽膿漏(歯周病)」が挙げられますが
加齢によって「歯茎」が劣化してしまうことで、汚れが詰まり(挟まりやすい)等
より不潔になりやすいことも、通常の歯磨きでケアできない理由になります。

「内臓環境」が悪化していることによる口臭

「口が臭い人というのは、内臓が悪いのでは?」という風潮があります。

これは事実であり、主に口に直結している「胃」の状態が悪いことで
消化不良を起こしている際等に、起きやすいケースであると言えます。

また「肝臓」や「腎臓」にトラブルを抱えている場合にも
胃の中での消化・消化酵素に悪影響を与えていることもあるため
内臓環境が悪化することは、多きな悪臭要因の1つに間違いありません。

また「逆流性流動炎」によって、「胸やけ」が起こりやすい人というのは
同時に口臭も悪化しており、「胃もたれ」と口臭はセットで起こりやすいものと言えます。

それぞれの原因に相応しい対策を始める

異常な口臭を持つ方の中には、「ちゃんと歯を磨いているのにな・・・」という方も多いと思われます。

それでもなお、口臭が発生してしまっているということは

  • 磨き方が悪い
  • 歯磨きで解決できない要素がある

いずれかが考えられ、いずれにしても<対処が足りない>ということになります。

口臭が気になる方というのは「いい歯磨き粉」を中心に
「ホワイトニングアイテム」等も、試されたことがある方は多いはずです。





こういったアイテムは、習慣的なケアには最適であり
口腔内に重いトラブルを抱えている方は、ぜひ試してみて欲しいと思います。

異常な口臭の原因は、<歯槽膿漏>であることが非常に多いです。

<とりあえず>は、外側から手軽にできる対処を始めることが必要です。

>>歯槽膿漏(歯周病)も予防できるワンプッシュアイテム!

そして歯槽膿漏と同じくらい、異常な口臭の原因となっているものとして
やはり<胃>に関わるトラブルを、想定することができます。

慢性的な消化不良によって、胃の中で摂取した食事が「悪い発酵」をしていたり
逆流性流動炎によって、胃~食道に炎症が起きていることで、口臭が悪化しているケースです。

そして、非常に恐ろしいことに

  • 歯槽膿漏
  • 胃のトラブル

これら2つが同時に起きている人は、珍しくないのです。

そのため、片方の改善で済む人・両方の改善が必要な人
この2つの状況を想定し、対処に臨む必要があります。

「短期的な消臭」と同時に「根本的な消臭」を進める

歯槽膿漏の場合、できることと言えば「歯槽膿漏ケア」ができる歯磨き粉の利用や
歯科クリニックでのケアになりますが、内臓(胃)へのケアはなかなか難しいものです。

「胃薬」等を、常用している方も多いと思われますが
「常に飲まないといけない」ということでは、根本的なケアとは言えません。

「一瞬」ではなく、なるべく継続していい状態を保つことが重要であり
少しずつでも、<根本的な対処>となる要素が必要なはずです。

そのため、まずは「胃のケア」から始めることが適切と言えます。

<まず最初に>というのは、改善までに時間がかかるためであり
「胃液」の逆流が、口腔内の環境を悪化させる要因でもあるためです。

しかしながら、

確かに「今現在臭い」ということに関しても、死活問題であり

  • 長期的な根本ケア
  • 短期的な消臭ケア

この2つの面を、同時に実現することが必要と言えます。

「うる藍バリア」で口と胃を同時にケア

「消臭サプリ」や「口臭スプレー」といったものは、数多く存在しますが
その多くが、やはり「短期的な効果」を持つものです。

もちろん、短い時間でも抑えることができることは有効な策と言えますが
やはり「短期的」と「長期的」な視点から、利用できるアイテムが相応しいと言えます。

その点で、ベストを考えられるアイテムが「うる藍バリア」であり
<口>と<胃>の両方から、アプローチすることができるアイテムです。



短期的には、やはり口腔内を「すっきり」させることで臭いを抑え
同時に胃の中から、根本的な要因となっているものに働きかけます。

歯槽膿漏のケアアイテムとも同時に利用することができるため、ぜひおすすめです。

>>「うる藍バリア」の公式サイトはこちら

当サイトが厳選した「口臭ケアサプリ」ランキングを見てみる

「もっと深い部分」から改善するには

歯槽膿漏や、ちょっとした胃のトラブルではなく
慢性的に「胃が弱っている」といったような、主に年配の方に見られるトラブルは
場合によっては、より深い・より改善に時間がかかることも考えられます。

そういった方には、ぜひ「漢方」的なアイテムをおすすめしたいと思います。



より根本的な部分に、じっくりと働きかけることで
長期的に見れば、最も必要・おすすめの方法と言えます。

特に、慢性的な「胃痛・胃もたれ」に悩んでいる方は
ぜひ「うる藍バリア」と併せて、ぜひ検討してみてください。

>>「生薬製剤イツラック」の公式サイトはこちら

胃の中が原因の口臭に「生薬製剤イツラック」の成分が効果的な理由

何より「予防」が大切なトラブル

<現在息が臭い>という人は、まずは「改善」していくことが必要です。

しかしながら、まだ懸念段階の方や、改善できたとしても
本当に大切なことは、「対策」になります。

<そもそも、臭くならない>ことが大切なのです。

これは、歯の汚れをリセットする「歯磨き」と同じく
習慣的に、<死ぬまで>続けることが不可欠です。

しかしながら、根本的な要因を断つことによって
慢性的に臭くなるリスクを、減少さえることができるため
よりケアが楽に・効果的なものとなっていくはずです。

また、体臭や口臭に関わる問題は
<おじさんのもの>という印象を持つ方も多いと思います。

しかしながら「30歳前の女性」であっても、十分にリスクがあるトラブルです。

「お酒臭い人」というのは、男女関係なく存在するものであり
また飲酒はあくまで悪臭要因の1つあり、他の要因を考えれば万人がリスクを抱えています。

繰り返しになりますが、口が臭い人は嫌われます。

ぜひ「言われる前」に、働きかけを始めて欲しいと思います。